まっきのカフェブロ。不定期カフェめぐりの記録♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070918235710.jpg



…こないだ、起きてシャワー浴びて、部屋に戻ったらさ。。。

















セミ~!!!!!!!!!!(((゜д゜)))))










いきなり入ってきてるの!!! 

しかも、二重にしてるカーテンの隙間から入り込んだらしく、セミ、出るに出られない。

もうね、セミがまたパニくって暴れはっちゃけてるもんだからさ、異常な戦闘能力でさ。











…私もバスルームから、出られねぇ出られねぇ。



出れたもんじゃねぇ。




本当パニくって、隣に配達に来てた郵便屋のおじさんを、


「セミ触れますか?」

って、部屋の中に入れようとしたり、(警戒されて無理だった…)

管理人さんにコールしても、こんな時に限って、いなかったり(つд`;)



で、友達呼んだんだけど、結局二人で阿鼻叫喚(((゜д゜)))))




自分の携帯の音にまで、 「ギャー!!!!」つって、逃げ出す始末。




その後、もう一人友達呼び出して、結局その友達が素手で掴んで外に出してくれたんだけどさ。。。



…もうちょっとで、セコムとか呼びそうだった。もうね、そのくらい緊急事態。


「一人じゃ生きていけないな~」って、実感した。



怖いよね、セミ。でもそろそろ、鈴虫の季節かな。




…で、忘れそうになったけど(笑)小樽のかふぇぶろ。


後半からどうぞ~にこ






東京暑いな~っってことで、北海道。

港と運河の街・小樽のカフェ、さかい屋に行ってきました。

トップの写真は抹茶ミルク

さっぱりと清々しい抹茶の風味を、ミルクがまろやかに包んだ大人の味。

角氷をコロコロまわしてみると、窓際の風鈴の音と重なって涼しげな響き


20070826233317.jpg

彼氏のココアフロートソフトクリーム

ココアにバニラアイスって聞いたらさ、「甘そうだな~」ってヒイたんだけど、アイスココアが本当にさっぱり

初めて飲んだのに、懐かしい味。


20070826233128.jpg


店内こんな感じ。大きなお花アップロードファイルに柱時計。その横に、カフェなのに神棚 笑

薄暗くて優しい空間は、なんだかおばあちゃん家にきたみたい。

この日は小樽も暑かったんだけど、ここに入るとホッと空気が変わる。

チリチリと鳴る風鈴の音と、柔らかい風が時間を忘れさせてくれます。

小樽のレトロな雰囲気にぴったり。オルゴール堂の帰り道に、ぜひ立ち寄ってみて欲しいカフェです音符



20070826233105.jpg

<PLACE> グルグル観光してたから忘れた…
          運河沿いを北一ガラスの方向に歩いていく途中にあります。

 <URL>  BEST!from北海道→http://www.bfh.jp/theme/theme_searchdetail/80000011/ 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いいなぁー
小樽いいねぇ!行きたい!!
しかし、せみ・・・
会社で読んで一人爆笑しちゃったよw
怖いね・・・
わたし、まっきと語りたいの!
語りたいことがあるの!!!!
近いうちにまたカフェいこ~
スイーツいこ~~~~
2007/09/19(水) 12:54 | URL | タモタモ #-[ 編集]
タモタモへ
すいーつ、楽しみだね~e-415
お店はどこがいいかね~e-446

セミは…もう思い出したくないっ(笑)
2007/09/20(木) 22:09 | URL | まっきfromカフェ☆ブロ #JalddpaA[ 編集]
セミ
セミって毒を持ってる訳でもないし、特に害になる虫でもないけど、バサバサいう音とか怖くて触れませんよね。

我が家も前に蜂が入り込んでパニックになりましたー。蛍光灯の隙間に自ら入って、お尻がつかえて出られなくなってそのまま放っときましたよ。馬鹿蜂で助かりました。
2007/09/21(金) 21:20 | URL | サリー #-[ 編集]
サリーさんへ
こんにちはe-241

セミは、そうなんですよねー、音と鳴き声が本当…怖かったですe-330

蜂は危ないっ!馬鹿蜂でよかったです(笑)
2007/09/24(月) 17:32 | URL | まっきfromカフェ☆ブロ #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cafebro.blog73.fc2.com/tb.php/43-e4ac767d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック